利用規約

IDM(イノベーション人材育成マッチング)システム利用規約

第1条(総則)
1. 本利用規約は、一般社団法人産学協働イノベーション人材育成協議会(以下「当協議会」といいます)が運営する「IDM(イノベーション人材育成マッチング)システム」(以下「本システム」といいます)の利用者(以下「ユーザ」といいます)が遵守すべき事項を定めたものです。
2. 本システムのユーザは、システムの利用を開始した時点で、本利用規約を遵守することに同意したものとみなします。

第2条(目的)
当協議会は、本システムによる情報提供を通じて、会員組織間のインターンシップのマッチングを行うためのシステムの提供を行います。

第3条(定義)
本利用規約において使用される以下の用語は、それぞれ以下の意味を有するものとします。
「ユーザ」:当協議会の会員組織である企業・大学に所属する者であり、所定の手続きにて本システムのIDを付与された個人のことを指します。権限により管理者ユーザと一般ユーザがあります。
「管理者ユーザ」:各企業・大学の組織管理者、システム管理者、コーディネイターを指します。
「一般ユーザ」:各企業の一般ユーザ、各大学の一般ユーザと学生ユーザを指します。
「登録情報」:ユーザ及び当協議会により本システムに入力、提供された一切の情報を指します。

第4条(遵守事項)
1. ユーザはマイページにおいて、自ら登録した情報をいつでも変更・追加・削除することができます。ただし、ユーザ自身で変更できない項目があり、それらについては、所属する組織の管理者に当該変更事項について通知するものとします。
2. ユーザの登録手続を行う者は、登録情報の入力や変更にあたり、入力した情報の正確性・真実性・最新性等の一切について、責任を負うものとします。
3. ユーザは、利用資格を失う一ヵ月前までに、利用停止予定日を組織管理者に申請します。

第5条(利用資格)
ユーザとして登録できる者の資格・条件は以下の通りです。
(1) 本協議会の会員組織である大学・企業・団体が本システムの利用資格・条件を満たしていることを認めた者であること
(2) 過去、現在又は将来にわたって、反社会的勢力に所属しないもの、またこれらのものとの関係を有しないこと

第6条(ユーザID及びユーザパスワードの管理)
1.ユーザは自己の責任において本システムのユーザID及びパスワードを適切に管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。
2.ユーザID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用によって生じた損害に関する責任はユーザが負うものとし、当協議会は一切の責任を負いません。
3.各組織の管理者は、所属する組織のユーザが、ユーザID及びパスワードを適切に管理するよう、指導するものとします。

第7条(禁止事項)
ユーザが以下に定める行為を行うことを禁止します。
(1) 当協議会、他のユーザ若しくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(2) 他のユーザ若しくは第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(3) 本システムの利用を通じて知り得たユーザの登録情報を、第三者に提供する行為、またはインターネット上などに公開する行為
(4) 虚偽の情報を登録する行為
(5) 一人の個人が複数のIDを所持すること、ただし、協議会の許可がある場合は除く
(6) 他人のユーザIDを使用してログインすること、ただし、管理者がその権限の範囲で使用できるIDについては除く
(7) 他のユーザの情報を代理で入力する行為、ただし、当該ユーザの同意がある場合を除く
(8) 本システムにおいて他のユーザもしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷、その他不利益をもたらす行為
(9) 他のユーザの情報を改ざん、消去する行為
(10) なりすまし、破壊、漏洩、改ざん、盗聴、サービス停止を目的とした攻撃等の一切の不正な行為
(11) 本システムにおいて当協議会が事前に承諾しない宣伝、勧誘、営業行為等を行う行為
(12) 本システムに登録された他のユーザの情報を複製、配布、公開する行為
(13) 本システムの機能や登録情報を第2条以外の目的で使用、閲覧、収集する行為
(14) 公序良俗に違反する行為、その他迷惑行為
(15) 他の条項で禁止している行為
(16) 上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為
(17) その他当協議会が不適当と判断した行為

第8条(システム管理者の情報閲覧)
当協議会は、本システム上にあるすべての情報へのアクセス権限を持ち、ユーザが本システムを適正に利用しているかどうかを監視する業務を行うこととします。並びに、大学管理者が所属する大学の学生情報並びに案件進捗状況、企業と学生の本システム上でのコミュニケーションを全て閲覧できること、企業管理者が所属する企業の案件進捗状況並びに応募学生の公開情報並びに企業一般ユーザとの本システム上でのコミュニケーションを全て閲覧できることとします。

第9条(規約違反への対処)
1. 当協議会は、ユーザの行為が本利用規約及びその他本システムに関する取り決めに反すると判断した場合、当協議会の判断により、当該ユーザに何ら通知することなく、ユーザの利用停止、ユーザ情報の全部若しくは一部の削除等の措置をとることができるものとします。
2. ユーザは、本利用規約に違反する行為を行ったことにより当協議会に損害(第三者に損害が生じ、その損害について当協議会が填補した場合を含む)が生じた場合、その一切の損害について、賠償する責任を負うものとします。
3. 当協議会は、ユーザが以下のいずれかに該当する場合、利用の継続を承諾しない場合があり、またその理由について一切開示義務を負いません。
(1) 登録情報に誤記、虚偽がある場合
(2) ユーザ登録の資格・条件を満たさない場合
(3) 本利用規約に違反する行為を行った場合
(4) 当協議会が登録内容や登録行為を不適切であると判断した場合
(5) その他、当協議会が登録を適当でないと判断した場合

第10条(アンケート収集)
ユーザは、当協議会が実施するアンケート等に対する意見や情報等の提供について、自らの意思および責任をもってこれを行うものとします。当協議会は、アンケート結果をユーザの事前の承諾なくして編集および転載することができるものとし、その内容の著作権はすべて当協議会に帰属するものとします。

第11条(サービスの中断・変更・停止・終了)
1. 当協議会は、システム障害、システム保守点検、災害や天変地異、技術上・運営上の事由により、本システムの運営が困難であると判断した場合、ユーザへの事前通知を行う事無く、本システムの中断、終了を行う場合があります。
2. 当協議会は、本条に基づきユーザに生じた損害について一切の責任を負いません。

第12条(ユーザ情報の取り扱い)
1. 当協議会によるユーザ情報の取り扱いについては、別途当協議会のプライバシーポリシーの定めによるものとし、ユーザはこのプライバシーポリシーに従って当協議会がユーザ情報を取り扱うことに同意するものとします。
2. 当協議会はユーザの登録した情報、データ等を個人が特定できない形での統計的な情報として、当協議会の裁量で利用及び公開することができるものとし、ユーザはこれに異議を唱えないものとします。

第13条(規約の改定)
本利用規約は、当協議会の判断により事前の予告なく変更・追加・削除されることがあります。変更・追加・削除した利用規約については当システムを介して通知し、利用規約変更後に本システムを利用したユーザは、変更された本利用規約の内容に同意したものとみなします。

第14条(保証の否認及び免責)
1. 当協議会は、ユーザの登録内容の保証をするものではありません。
2. 本システムのシステム不具合、障害、データの消失・情報漏洩等により生じた不利益や損害等、ユーザに生じた一切の不利益・損害につい当協議会は一切の責任を負わないものとします。
3. 本システムの利用を通じてやりとりされる企業情報や個人情報によってユーザまたは第三者が被った不利益・損害に対して、当協議会は一切損害賠償責任を負わないものとします。
4. ユーザが本システムの利用を通じて、他の会員又は第三者に対し不利益や損害を与えた場合、ユーザは自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、これらの一切の不利益・損害について当協議会は一切責任を負いません。

第15条(準拠法及び管轄裁判所)
1. 本利用規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本利用規約の一部が無効な場合でも、適用可能な項目については効力があるものとします。
2. 本利用規約または本システムの利用に起因し、または関連する一切の紛争については、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。